Make X2019

こんにちは。

デジタルものづくり教室のLittle HOPPERです。

2019年9月16日、『スポル品川大井町KIMIKO DATE SPORTS STUDIOで開催された『MakeX Robotics Competition 2019 東京大会にLittle HOPPERから2チームが参加しました!

MakeX Robotics Competitionとは?

MakeXとは

MakeX Robotics Competitionは、アジアやヨーロッパなど約30か国以上で開催されている世界最大級のロボットプログラミング競技大会です。

MakeX2019東京大会のテーマは、『City Guardian(シティガーディアン)

環境汚染、食品の安全性、リサイクル、ウイルス感染など、私たちが日々直面する現実の問題をSTEAMの概念を適用することによって解決するのがミッションです。

国内予選を通過したチームは2019年のMakeXワールドチャンピオンシップに参加し、2019年のMakeXワールドチャンピオンを競うことができます。

Little HOPPERからの出場チーム

ロボットプログラミング
Super Hopper
HMs
HMs

当スクールからは『SuperHopper』『HMs』の2チームが参加。

両チームは7,8月、毎日のようにスクールに通い、ロボットの調整やプログラミングに没頭!

激戦を制したのは、、?

SuperHopper
ロボットプログラミング
MakeX 2019
MakeX2019

予選が終わり、両チーム共に決勝へ!
決勝で1位の2チームが世界大会出場の権利を得られます。

(予選1位〜4位のチームは決勝のパートナーを指名できるのですが)、予選2位の『HMs』は予選1位のチームの指名を拒否して予選5位の『SuperHopper』とパートナーを組んで決勝に挑みました。

最大のライバルは、予選1, 3位通過の最強『Chameleon』&『BONO』チーム!

本当に強かった、、
凄まじく練習している様で決勝3試合目で満点を叩き出す!

我らの『SuperHopper』&『HMs』チームも抜群のチームワークで迎え打ちました!

途中、ロボットの腕が取れてヌンチャク状態(まるで怒り狂ったブルースリー)になる、、というハプニングもあり大いに会場の笑いをかっさらいました!笑

しかし、今回はお笑い大会ではなく、あくまでロボコン大会、、

結果は残念ながら2位。

世界にはあと一歩届かず、、

それでも19チーム中の2位です。
それでも、、最後に悔しくて『HMs』のメンバーが泣いてしまう場面も、、

笑いあり、涙ありの長かった1日、、
ホント良くみなさん頑張りました。お疲れ様^ ^!

「負けたことがいつか財産になる日が来るはずです!

次に進みましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事