ロボットプログラミング

こんにちは。
デジタルものづくり教室のLittle HOPPERです。
Little HOPPERではテック好きな少年/少女向けに各種ワークショップを開催しております。

今回は夏休みの『集中!ロボットプログラミング塾』について語らせて頂きます。

が、その前に・・・
そもそも、プログラミングって何なのか?
どういうことを指して、プログラミングというのか?
ご存知ですか?

プログラミングとは何か?

「プログラミング」とは、ザックリ言うとロボットとのコミュニケーションです。
人間同士のコミュニケーションにも色々な言葉がありますよね?
英語、中国語、スペイン語、、などなど・・・

例えば、

「ウォ、ジンティエン、シャンツー、ジャオズー」
これ、中国語なのですが、何を言っているか分かりますか^^
分からないですよねー。

人間同士のコミュニケーションも言語が違うとチンプンカンプンです。

ロボットともコミュニケーションも同じです。

ロボットにはロボットの言葉があります。

C言語
Java
Python

などなど・・・

ちなみに、さっきの中国語は、
「今日は餃子が食べたいなー」
です^^

プログラミングは、ロボットの言葉を使ってコミュニケーションをすることです。

ロボットプログラミング

なぜ、プログラミングか注目されているのか?

近頃、プログラミングが注目されていることをご存知の方も多いと思います。

 

なぜ、注目されているのか?
小学校で習い始めたからでしょうか?
時代の流れでしょうか?

 

国が小学生から取り組ませたいと思う、その理由には、プログラミングを学ぶことで、論理的思考が身につく、将来の仕事につながる、などのメリットがあるからです。

 

ただ、これらは確かに本当のことですが、私の考えは少し違います。

 

私の考えは、

「ただ単に楽しいから。」

 

プログラミングって本当に楽しいんですよ。
プログラミングは、答えがないから。
正確に言うと目標があってもそれに向けられるプロセスは、乱暴な言い方をすると何でもいい。

だから同じ目標でも一人一人が作るプログラムが違ってきます。

プログラムに個性がでます。

性格なんかも反映されるから最高に面白いのです。

 

答えに個性が現れるから、プログラミングが注目されています。
人は、それぞれ違っていいということを認める学習が始まっているのです。

ロボットプログラミング

『集中!ロボットプログラミング塾』について

話が逸れそうなので、本題に戻ります。

Little HOPPERで行うロボットプログラミング塾はロボットを自由自在にコントロールすることで、プログラミングの楽しさを肌で感じてもらえる内容となっております。

 

例えば、ロボットにラジコンプログラムを入れてサッカーをしたり、光センサーを使ってお友達と暗い場所を探す大会をしたりします。

 

また、基礎から応用までのエッセンスを詰め込んでいますので、一日で完結出来ます!

 

ワークシートもあるので夏休みの自由研究にもぴったり!

ロボットサッカー

デジタルものづくり教室のLittle HOPPER

今、注目のプログラミングの面白さを体験してみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新のコンテンツをお届けします!